5.光学観察・測定 ③コッセルパターン撮影

topコロイド結晶を使った体験実習の紹介 > 5.光学観察・測定 ③コッセルパターン撮影
←前項へ   次項へ→

【 目 的 】
平板セル中のコロイド結晶が、単結晶的に配向していることを確認するた
めの、レーザー回折パターン(Kosselパターン)を撮影します。

【 手 順 】
平板セルの器壁に垂直な光軸をもって、レーザー光(波長635nm)を照射しま す。レーザー光は、サンプル直前におかれた光拡散シートで広角に拡散され、サ ンプルであるコロイド結晶を照明します。 結晶を通過した光が、結晶後方に位置するスクリーン上に投影されます。 投影像では、コロイド結晶のBragg反射により蹴られた角度に暗線が形成され ます。(【付録2】を参照) このコッセルパターンを撮影し、画像データをパソコンに保存します。

satsuei

 

topコロイド結晶を使った体験実習の紹介 > 5.光学観察・測定 ③コッセルパターン撮影
←前項へ   次項へ→


Copyright(C)2013-2014 NIMS. All rights reserved.logo_nims_1