5.光学観察・測定 ②反射スペクトル測定

目次に戻る

【 目 的 】
コロイド結晶はセルの器壁に(111)結晶面が平行になるように配向します。

 その結晶面からの90°Bragg反射の波長(最長のBragg波長)を測定します。
(粒子配列構造の予想は、【付録1】を参照)

【 手 順 】
反射スペクトルを測定することで、(111)結晶面からの90°Bragg反射がピークと
して検出される。反射スペクトルのグラフをモニターで確認し、ピーク波長を記録す
る。二つのサンプルについて測定を行う。この値は、後ほど計算に使います。

hansha

目次に戻る